【UTM】M1/M2のmacOSでUbuntuの仮想環境構築をする方法【日本語化まで】

Linux

こんにちは、教育系エンジニアのひらまつ(@hiramatsuu)です。

ひらまつの簡単な自己紹介

書籍「ゼロからわかる Linuxコマンド200本ノック(技術評論社)」の著者。Udemy受講者5万人。
プログラミング教育をメインに活動するエンジニアとして、動画教材の作成・技術書の執筆・教育アプリの開発などを行なっています(詳しくはこちら)。

2023年3月8日に発売の拙著「ゼロからわかる Linuxコマンド200本ノック―基礎知識と頻出コマンドを無理なく記憶に焼きつけよう!」では、Oracle VM VirtualBox(以下、VirtualBoxと記載)を使用して、Ubuntu Desktopの仮想環境を構築するように案内しています。

ですが、本書執筆時点ではM1/M2チップのmacOSでは、VirtualBoxを使用することができません。Developer Preview版がリリースされているものの、まだLinuxコマンドの学習に使える品質ではないです。

なので本記事では、UTMという仮想化ソフトウェアを使って、M1/M2のmacOSにUbuntu Desktopの仮想マシンを作成する方法について紹介したいと思います。

M1/M2チップのmacOS環境で、本書などを使ってLinuxコマンドの学習を行い方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

※ちなみに本記事は、2022年発売のM2チップ MacBook Airで検証を行っています。

UTMのインストール

まずは、macOSが搭載されたお手持ちのPCに、UTMのインストールを行なっていきましょう。

UTM公式サイト

UTM公式トップページ

上記のリンクから、UTM公式サイトを開いたら、左の「Download」ボタンをクリックして、無料版のUTMをダウンロードします。右の「Mac App Store」では有料版を購入できますが、Linuxコマンドの学習環境においては無料版でも十分です。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、左から右へドラッグ&ドロップすることで、インストールを行います。

左から右にドラッグ&ドロップ

Ubuntu ServerのISOイメージのダウンロード

UTMにおいては、

  1. Ubuntu Serverの仮想マシンを作成
  2. Ubuntu Serverにデスクトップ環境をインストール

という流れで、Ubuntu Desktopの仮想マシンを作成します。

なので、まずはUbuntu ServerのISOイメージをダウンロードしていきましょう。

Ubuntu Server for ARMダウンロードページ

Ubuntu Server for ARMのダウンロードページ

上記のダウンロードページの、「Download Ubuntu 22.04.1 LTS」という緑のボタンをクリックして、ISOイメージのダウンロードを行なってください。

仮想マシンの作成手順

インストールしたUTMを開いて、「新規仮想マシンを作成」をクリックします。

次のような画面が開いたら「仮想化」をクリックします。

続いて、「Linux」をクリックします。

続いて、「Apple仮想化を使用」のチェックは外しておきましょう。また「選択」をクリックして、先ほどダウンロードした、Ubuntu ServerのISOファイルを選択します。

ISOファイルを選択できたら、「続ける」をクリックします。

続いて、本書と同様に、以下のように仮想マシンのスペックを指定してください。

  • メモリ:4000MB
  • CPU:4コア
  • ディスクサイズ:25GB

以下の画面になったら、「続ける」をクリックします。

名前に「Ubuntu」などと入力して、「保存」をクリックします。

以下の画像のボタンを押して、Ubuntuの仮想マシンを起動しましょう。

すると、以下のような画面が開くので、Returnキーを押しましょう。

言語の設定ですが、今のところ「English」を選択しておきましょう。選択できたら「Done」で次に進みます。

続いて、お使いのキーボードの種類を選択します。設定できたら「Done」で次に進みます。

その後、ネットワークなどの設定の項目が続きますが、すべてデフォルトのままでOKなので、「Done」でどんどん次に進みましょう。いくつか設定を終えると、以下のような画面が出てくるので、「Continue」を選択します。

続いて、ユーザー名やホスト名を入力します。以下の画像の通りでなくても、お好きなもので構いません。

設定した上で、「Done」を押して進んでいくと、インストールが開始します。しばらく待つと表示される「Reboot Now」を選択すると、黒い画面にカーソルが点滅している状態になるはずです。そうなったら、一度ウィンドウを閉じましょう。

ウィンドウ下部の「CD/DVD」を開いて、「削除」をクリックします。

その上で、もう一度仮想マシンを起動します(▶︎ボタンを押してください)。すると、以下のような画面が開き、Ubuntu Serverが使用可能になります。

Ubuntu Desktopのインストール

現時点では、デスクトップ環境がありませんので、以下のコマンド(「$」の右側)を実行して、デスクトップ環境をインストールします。

$ sudo apt update
$ sudo apt -y install ubuntu-desktop

上記のコマンドを実行したら、パスワードが求められますので、先ほど設定したパスワードを入力してください。入力内容は画面に表示されませんが、ちゃんと入力されています。

しばらくして、インストールが完了したら、以下のコマンドを実行して、マシンを再起動します。

$ sudo reboot

Ubuntu Desktopの日本語化

インストールしたままの状態では、言語が英語になっているので、最後に日本語化しておきましょう。

まず、右下の「Show Applications」をクリックして、「Terminal」をクリックします。見つからない場合は、上部の検索ボックスを利用して見つけましょう。

Terminalを開くと上のような画面が開くので、こちらに以下4行のコマンドを入力します。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade
$ sudo apt -y install language-pack-ja
$ sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF8

すべて実行し終えたら、以下のコマンドを実行して再起動しましょう。

$ sudo reboot

これで日本語化が完了です。お疲れ様でした。

※タイムゾーンなども日本の時刻に合わせる必要がある場合は、こちらの記事などを参考にして設定を行なってください。

おわりに:Linuxコマンドを学びたい方へ

拙著「ゼロからわかる Linuxコマンド200本ノック―基礎知識と頻出コマンドを無理なく記憶に焼きつけよう!」は、「Linuxコマンドを初めて学ぶ方にとって、最適な教材をつくる」ことを目指して執筆しました。

Linuxの知識を確実に身につけるために、次のような工夫をしています。

  • コマンドやオプションの「由来」をできる限り解説
  • 「暗記がいらなくなるレベル」の理解を目指した、とことん丁寧な解説
  • 「200問」の演習問題で記憶にこびりつく

👇より詳しく知りたい方はこちら
書籍紹介を見る

なお本書は、オンライン学習プラットフォームUdemyでベストセラーになった、著者の講座「もう絶対に忘れない Linux コマンド【Linux 100 本ノック+名前の由来+丁寧な解説で、長期記憶に焼き付けろ!】」の内容をもとに、あらためて構成と執筆を行った書籍です。もとの講座の良さはそのままに、よりわかりやすく、身につけやすくなるように、内容の追加や解説の改善を行っています。

サンプルだけでも良いので、ぜひ見てみてください。

もう絶対に忘れない Linux コマンド【Linux 100本ノック+名前の由来+丁寧な解説で、長期記憶に焼き付けろ!】
Linux コマンド、毎回検索していませんか?知識ゼロから長期記憶に焼き付ける、Linux コマンド入門コースの新定番!元塾講師エンジニアによるわかりやすい解説で、Linux の基本を優しく学べます。Linux 演習問題も100問以上収録。

参考

本記事は、以下の記事を参考にして作成しました。

Ubuntu 22.04
Documentation for UTM virtual machines
How to run an Ubuntu Desktop virtual machine using VirtualBox 7 | Ubuntu
Ubuntu is an open source software operating system that runs from the desktop, to the cloud, to all your internet connected things.
WSLのUbuntu環境を日本語化する
WSLのUbuntuを導入すると、デフォルトでは英語モードになっている。これを日本語化してメッセージ出力やタイムゾーン設定、マニュアルドキュメントなどを日本語化しよう。
タイトルとURLをコピーしました